コーチングとはabout-coaching

コーチングイメージ コーチングを導入してる企業は急速に増えてきていますが、「実際のところどういうことをするのだろう」とお感じのみなさまも多いようです。

 スポーツのコーチを考えるとイメージが持ちやすいと思います。スポーツの世界では、選手には必ずコーチがいます。例えば、水泳の北島康介選手には平井コーチが、マラソンの高橋尚子選手には小出監督がいました。スポーツのコーチは、選手と一緒に目標を設定し、それを達成するために必要なトレーニングを選手とともに作り上げていきます。

 スポーツ選手は、なぜコーチを付けるのでしょうか?選手1人では管理できない課題と情報を「コーチ」との間で整理し前に進んでいくことができるためです。上に名前を出した高橋選手は、小出監督の下を離れてから自分で練習方法を考える道を選びました。北島選手もオリンピック連覇の後、3度目のオリンピックでは平井コーチから離れて出場しました。しかし、残念ながら二人とも成績はあまり振るわなくなってしまいました。

 ビジネスパーソンや経営者も、アスリートと同様にコーチがついていると目標達成をより早く成し遂げることができます。 コーチは、クライアント(コーチングを受ける人)とコミュニケーションを交わすことによって、クライアントが実現したいゴールを明確にし、短時間で達成できるようサポートします。

コーチングフォローイメージ